神戸バスキュラーアクセス 小島外科|神戸市兵庫区|血管外科・外科のクリニック

内シャントとは

内シャントとは

内シャントは、ブラッドアクセスとも呼ばれ
shunt-2

    • 動脈と静脈を吻合しただけの、いわゆる内シャント
    • 間に人工血管を介して、人工血管を穿刺する人工血管シャント
    • 動脈を皮下に移行させる動脈表在化術
    • カテーテルを留置したままのアクセス

などの方法が用いられていますが、最も一般的な方法が、いわゆる内シャントです。
内シャントを作製する場所は、ほとんど決まっていて、一定の基準のもとに作製されます。
その基準とは…

      • 動脈と静脈が近接した場所にあること
      • 関節部など屈曲する場所ではないこと
      • 橈側皮静脈や尺側皮静脈など高圧に耐えられる静脈であること
      • 作製する場所より中枢側に静脈の異常がないこと
      • そこに作製することで穿刺・採血がうまく行えるようになること

などが、条件となります。腕の動脈・静脈の解剖を図に示します。

shunt-3

矢印の場所が、一般的に内シャントが作製される場所です。
肘関節より上は、静脈が深くなりますので、静脈を表在化したうえで内シャントを作製する場合もありますが、一般的には人工血管を用います。

お気軽にお問い合わせください TEL 078-515-7355 FAX : 078-515-7356
受付時間 平日午前 09:00~12:00 午後 16:30~19:00
木曜午前 10:00~12:00  休診 日曜・祝日  アクセス

PAGETOP