「活性酸素」という言葉はもう何度もお聞きになっていることと思います。

活性酸素とは、体内で酸素を利用して代謝すると必ず発生する毒性の強い不安定な酸素のことです。人間をはじめとして生物が生きていくためには酸素が絶対に必要ですが、一方で酸素が毒物にもなるという現実があります。これをわかりやすい言葉で言うと、「錆びる」「(果物などが)酸化する」「萎びる」です。呼吸で取り入れた酸素の2~3%が活性酸素になるのです。いわゆる「老化」「シワ・シミ」は活性酸素が関係しているのです。

これを退治してくれる物質が、有名な「ビタミンC」とか「ビタミンE」とか「リコピン」とか「アントシアニン」とか、果物とか濃い色の野菜に含まれる物質です。

そのなかでも、トマト(リコピン)の29000倍、レモン(ビタミンC)の58000倍の抗酸化力を有するのが、プラチナ(白金)なのです。自動車のマフラーに使われていて、排気ガスを無毒化するために働いてくれています。

これを飲物にした「スパークリングプラチナパウダー」という商品(サプリメント)があります。「プラチナ」は食品としても認可されており、消化管から吸収されないために安全性も保証されています。1日3回の服用で、身体が変わるのがわかります。値段も1回分が100円程度と安価なため、続けやすいのも、ありがたいことです。

取り扱っているのは、「ライトスタッフ」という会社。ネット通販(www.right-net.co.jp)もされています。なお、少量ですが、当院にも在庫しております。