一定の間隔で24時間の間、心電図と血圧と酸素を測る検査で、腕に血圧計を巻いて、心電図のテープを胸に取り付け、小さな機械を腰にウエストポーチの様に巻いて帰って翌日取り外しに来てもらう流れです。

酸素飽和度のプローブは寝る時に装着してねて、日中は日常通りに仕事して貰う事が出来ます。

 

緊張した時、運動した時、安静時など、どんな時に変化が生じているかを知る事が出来るので、その人に合わせた適切な食生活や運動、日常生活の過ごし方、薬の種類や量を考えて治療を受ける事が可能になるでしょう。

気になる方はお気軽にお問い合わせください。