当院では閉鎖療法を行っています。

痛みのない外傷治療と言われていて、早く綺麗に皮膚を修復させる事ができます。

従来は消毒してガーゼをするものとされてきましたが、消毒は意味がなく水で洗い、ラップで閉じて傷を乾燥させない治療がブームになりましたが、その考え方で

閉鎖した中でジュクジュクして見えるのは化膿しているのではなく細胞が傷を治そうとしている証拠なのです。

ガーゼをしてしまうと水分を吸い取り、乾燥させ、傷の治りを遅くしてしまいます。

そこで、当院ではコロイドドレッシングを使用しています。外はウレタン素材で防水作用があり、内は疎水性ポリマーの中にハイドロコロイド構造なので、正常な皮膚は乾燥した状態に保ちながら、傷は湿潤環境を維持できるので周囲皮膚は保護されながらも傷は修復を早める治療が行えます。