東日本大震災からもう8年も経つのですね。

中国地方にいた当時の私は、震災の事をニュースで知りました。

テレビの画面から考えられない映像が目に飛び込んできて

現実なのかそうでないのか混乱した事を覚えています。

 

築かれてきた日常が一瞬にして崩れ去り、その瞬間から非現実が現実になりました。

厳しい現実の中歩んできた方々には

あれからの時間はもう8年、まだ8年なのかもしれません。

 

どのように言葉を尽くしても、適切な表現にはならないと分かっていても

今日という日にブログを更新しようと思ったときに

どうしても触れずにはいられませんでした。

 

どうか、平成の次の世が安寧でありますように。

そのためには私を含め個々人が、人任せでなく自分の人生を誠実に、真剣に、他の人のために

一生懸命生きていかなくてはいけないのだと今日再び思いました。

一層励んでいきたいと思います。