シャントの種類には自己血管と人工血管があります。
表在静脈があまりなかったり、シャントを作成後も育たず細いままで皮膚から見えにくく穿刺がしにくい、血管が太くても深くて見えず穿刺困難な場合、人工血管を使用することがあり、入れることで穿刺しやすくなります。

人工血管の種類やメリット デメリットなどについてはまたお話していきたいと思います。