高血圧・脂質異常症・糖尿病などよく聞かれるような生活習慣病ですが、これらが原因による三大成人病である ガン・心疾患・脳卒中は、日本人の全死因の半数以上を占めています。
病気を抱えての生活より老後も健康寿命を迎えたいものですよね

そのためには未病への意識を高めることが大切です。
健康診断や、検査で異常がなくても、胃腸の不調や手足の冷えや疲れなど自覚症状があるなら未病のサインかもしれません。
本来体はバランスを保とうとし 治癒力 自己回復力が備わっていますが、生活習慣の乱れが病気へと繋がることがあります。
未病改善の為にも、生活習慣を整え、血流を改善し、体本来の力を高めることが大切です。